スポーツクライミングジャパンツアー2020で女子4冠となった倉菜々子(写真はボルダリングジャパンカップ2019より)

倉菜々子が女子4冠 スポーツクライミングジャパンツアー2020の全日程が終了

 JMSCA(日本山岳・スポーツクライミング協会)主催「SPORT CLIMBING JAPAN TOUR」(以下、ジャパンツアー)2020シーズンのリード第3戦が「PUMP1 川口店」(埼玉県川口市)で12日に行われ、スピード、ボルダリングを含めた今シーズンの全日程が終了した。

 2019年にスタートしたジャパンツアーは、国内の競技力向上と、ボルダリング・リード・スピード各ジャパンカップへの出場選考を目的としたシリーズ戦。出場した各種目各大会の順位に応じて獲得できるポイントで年間ランキングを競い、上位の男子40名、女子30名には各種目ジャパンカップ出場権が、各種目1位~3位には賞金が与えられる。

 2020シーズンで活躍が際立ったのは、女子の倉菜々子。今年20歳を迎えた倉は、全戦に出場してスピードで3戦中2勝、ボルダリングで6戦中5勝、リードで3戦中2勝となり、驚異の勝率を誇った。各種目で年間1位となり、3種目の総合ポイントによるオーバーオールランキングでも文句なしの首位。女子4冠を達成した。

 男子ではスピード1位に竹田創、ボルダリング1位に百合草碧皇、リード1位に清水裕登が入り、オーバーオールランキングでは清水がトップの座に就いた。

 2021年最初のジャパンカップには、1月30日~31日の第16回ボルダリングジャパンカップ(東京・駒沢)が予定されている。

<SPORT CLIMBING JAPAN TOUR 2020 年間ランキング>

スピード(男子)
1位:竹田 創/200pts
2位:大政 涼/160pts
3位:真鍋 竜/140pts

スピード(女子)
1位:倉 菜々子/200pts
2位:西脇 千夏/131pts
3位:二宮 凜/130pts

ボルダリング(男子)
1位:百合草 碧皇/265pts
2位:高田 知尭/255pts
3位:天笠 颯太/211pts

ボルダリング(女子)
1位:倉 菜々子/300pts
2位:滝口 萌/191pts
3位:石井 未来/171pts

リード(男子)
1位:清水 裕登/200pts
2位:今泉 結太/145pts
3位:本間 大晴/137pts

リード(女子)
1位:倉 菜々子/200pts
2位:小倉 紗奈/155pts
3位:高尾 知那/127pts

オーバーオールランキング(男子)
1位:清水 裕登/408pts
2位:百合草 碧皇/360pts
3位:今泉 結太/333pts

オーバーオールランキング(女子)
1位:倉 菜々子/700pts
2位:滝口 萌/401pts
3位:小倉 紗奈/292pts

※ランキングは、スピードは2戦、ボルダリングは3戦、リードは2戦を上限として、ポイントの高い大会が総合ポイントに加算される

ランキング等の詳細はこちらから
「SPORT CLIMBING JAPAN TOUR 2020」特設サイト
各大会のリザルト等はこちらから
「SPORT CLIMBING JAPAN TOUR 2020」公式掲示板

CREDITS

編集部 / 写真 大杉和弘

back to top