男子表彰台=(左から)楢崎智亜、高田知尭、緒方良行

高田知尭が国内大会初優勝!【Top of the Top 2020】<男子ボルダリング決勝>

 2020年のスポーツクライミング日本代表選手たちで争われる特別大会「Top of the Top 2020」(石鎚クライミングパークSAIJO=愛媛県西条市)の男子ボルダリング決勝が31日夜に行われ、高田知尭が女子の中村真緒に続き、こちらもシニア国内大会で自身初の優勝に輝いた。

 準決勝2位だった藤井快が右ひざの負傷により出場辞退したため、5人での争いとなった男子ボルダリング決勝。第1課題は楢崎智亜が2トライ、それ以外の楢崎明智、原田海、緒方良行、高田知尭が一撃し、全員完登でのスタートとなった。

第1課題を完登する高田知尭。

 明暗を分けたのが、スタートからダイナミックに飛びついていく第2課題。完登したのは高田、楢崎智亜、緒方の3人で、2完登に到達。中でも高田がトライを重ねやすいこの課題でうまく修正していき、4トライでの完登に収めたことで、トライに要したアテンプト数でほか2人を上回り暫定首位に立った。

 第3課題は足場の安定しない難関で、完登者はゼロ、ゾーン獲得は原田のみのシビアな展開となり順位は変わらず。パワー、テクニックともに試される最終課題も、複雑にムーブを組み合わせていく鬼門が序盤から待ち構えており、ゾーン到達者はゼロに終わってしまう。

 順位は第2課題終了後から変わらずにフィニッシュとなり、最終課題でも可能性のある動きを見せるなど調子の良さをうかがわせていた高田が嬉しい国内初制覇となった。表彰台には楢崎智亜、緒方と続き、4位には原田、5位には楢崎明智が入っている。

第2課題を完登した緒方良行は3位でフィニッシュ。

難関の最終課題に挑む楢崎智亜。

<リザルト>

1位:高田 知尭(鳥取県山岳・スポーツクライミング協会)/2t2z 5 5
2位:楢崎 智亜(TEAM au)/2t2z 7 7
3位:緒方 良行(-)/2t2z 8 8
4位:原田 海(日新火災)/1t3z 1 7
5位:楢崎 明智(TEAM au)/1t2z 1 4

※左から氏名、所属先、成績
※成績は左から完登数、ゾーン獲得数、完登に要した合計アテンプト数、ゾーン獲得に要した合計アテンプト数

「Top of the Top 2020」大会特設サイト
大会公式掲示板(競技順・成績速報などはこちらから)

CREDITS

取材・文 編集部 / 写真 窪田亮

back to top