クライミングの新たなお供に。指皮回復をサポートする国産ハンドクリーム「EVERY BUTTER」が新発売

 5日、クライマーのケアブランドとして新たに誕生した「Ahwahnee(アワニー)」から、そのラインナップ第1弾としてクライマーの指トラブルにフォーカスしたオーガニックハンドクリーム「EVERY BUTTER(エブリーバター)」が発売された。

 シューズやチョークを持っていくのと同じように、いつでも使用してほしいという思いから命名されたエブリーバター。自然由来の素材(ナチュラル)、伝統的な製法(トラディショナル)、機能的(ファンクショナル)の3つのコンセプトをもとに開発され、指皮のターンオーバー促進に有効なオーガニックシアバターや、筋肉や腱の鎮静に効果的なウィンターグリーンも成分に含むなど、まさにクライマー専用のハンドクリームとなっている。

 開発者であるレスト・エンド・ニュートリションの金子真さんもクライマーだ。なかなか納得のいくハンドクリームに出会えず、「それならば自分で作ってしまおう」と物事を徹底的に追及する性格も相まって製品化に突き進んだ。

 約1年半の開発期間の中で、最も苦労したというのが“使用感”と“補修効果”の両立。使用するクライマーも多い市販のハンドクリームは、スマホ操作に対応するため塗ったあとすぐにサラっとする使用感のものが主流。しかし浸透する前に蒸発してしまうため、金子さんは「補修効果を考えると頻繁に塗らないと意味がない」と説明する。反対に保湿効果の高い、ベタつきのある感触を取り入れようとすると、物を触るときにツルっと滑る油っぽい仕上がりになることが多かったという。さらに「指はじき防止のためにも使ってほしい」と、登る30分~1時間前に塗ってもマイナスにならない感覚を追い求め、試行錯誤は続いた。

 一方、補修効果を高めるため、成分と配合にもこだわっている。酷使された指皮(角層)のターンオーバーを促すことに効果のあるオーガニックシアバターを他社製品と比べて高濃度に配合し、抗菌や血行をよくする働きがあるオーストラリアの一部にしか自生しない薬草レモンマートルも原料に取り入れた。

 そして100回以上の試作でミリ単位の配合調整を重ねた結果、ついに“ツルツル”でも“ベタベタ”でもない、“ペタッ”とする納得いく使用感と、補修効果を両立させたクリームが完成。実際にテスト使用した一般クライマーからも好評で、指皮の回復速度や、ほどよい使用感を実感しているという。

主成分のシアバターは、36度の体温で溶けていく素材。1パール分を人差し指ですくい、親指を使って各指先に置いて15秒ほど体温で温めてから揉み込むように馴染ませていくと、指に浸透しやすいという。

 エブリーバターは十数種類の自然由来成分のブレンドにより製造されているため毎日のケアが可能で、また髪や唇など、目の周りを除いて乾燥が気になる部分にはどこでも使用できるのも特徴の一つ。日本人の肌に合う配合のもと、安全安心の国内工場で製造している。価格は2,480円+税(30g)。現在の購入先は公式サイトに限られるが、クライミングジムやアウトドアショップでも順次販売していく。

 なお、アメリカ・ヨセミテの先住民に由来するという「アワニー」では、クライマーケアブランドとして今後も栄養補給食やリカバリーウェアなどの商品開発をしていくとのことだ。

製品情報

ブランド名:Ahwahnee(アワニー)
製品名:EVERY BUTTER(エブリーバター)
容量:30g
価格:2,480円+税

【発売元・問い合わせ先】
レスト・エンド・ニュートリション
電話:0467-98-0095
メール:info@ahwahnee.jp

購入はAhwahnee 公式サイトより

CREDITS

取材・文 編集部

back to top