第1ルートを完登する野口啓代

野口啓代、森秋彩が首位発進!/リードW杯2019第6戦 印西大会【女子予選】

 26日午前、リードW杯2019の最終第6戦印西大会(松山下公園総合体育館)が女子予選からスタートし、首位タイで通過した野口啓代と森秋彩を筆頭に、日本勢は12名中9名が準決勝進出を決めた。

 女子予選で完登一番乗りを果たしたのは、今大会が日本開催のW杯ラストマッチになることが濃厚な野口だった。第1ルートの6番手で登場した野口は最終面のハードな一手にも耐え、そのまま完登。第2ルートも最後まで登りきった。

野口と並び首位に立った森秋彩。

 野口のあとを追うようにキム・ジャイン(韓国)、森秋彩も両完登し、野口と並んで首位タイに。第2ルートから競技を開始したルチカ・ラコベッチ、ヤンヤ・ガンブレットのスロベニア勢2人も危なげなく2完登。年間ランキングで上位につける実力を示した。

 野口、森のほか、野中生萌、谷井菜月、田嶋あいか、平野夏海、伊藤ふたば、大田理裟、廣重幸紀が予選を突破。野中はリードW杯で初の完登を記録した。

 予選上位26名による準決勝は、明日10時から開始予定だ。

<女子予選>

1位:ヤンヤ・ガンブレット(SLO)/TOP/TOP
1位:キム・ジャイン(KOR)/TOP/TOP
1位:森 秋彩/TOP/TOP
1位:野口 啓代/TOP/TOP
1位:ルチカ・ラコベッチ(SLO)/TOP/TOP
6位:ローラ・ロゴラ(ITA)/TOP/36
7位:野中 生萌/35+/TOP
8位:谷井 菜月/TOP/35
9位:マーゴ・ヘイズ(USA)/TOP/31+
10位:ソ・チェヒョン(KOR)/35+/35+
11位:ミア・クランプル(SLO)/TOP/31
12位:クリスティーヌ・シュランツ(AUT)/34/35+
13位:キーラ・コンディ(USA)/30+/35+
13位:田嶋 あいか/30+/35+
15位:ルース・ドゥアディ(FRA)/33+/31+
16位:エロイーズ・デュモン(BEL)/30+/35
17位:平野 夏海/33/31+
18位:モーリー・トンプソン・スミスGBR33+28+
19位:伊藤 ふたば/29+/32+
20位:サンドラ・レトナー(AUT)30+/31+
21位:ヴィクトリア・メシコワ(RUS)/31+/27
22位:ティナ・ヨンセン・ハフソース(NOR)/30+/28+
23位:ファニー・ジベール(FRA)28+/31+
24位:大田 理裟/29/31
25位:廣重 幸紀/29+/28+
26位:ユリア・フィシェル(AUT)30+/25
―――――
29位:工藤 花/22/25+
31位:小武 芽生/17+/25
40位:栗田 湖有/11/23+

※予選上位26名が準決勝進出
※左から氏名、所属国、第1ルート成績、第2ルート成績

リードW杯2019 印西大会特設サイト

リザルト詳細は国際スポーツクライミング連盟/大会ページから

CREDITS

取材・文 編集部 / 写真 窪田亮

back to top