ヤンヤ・ガンブレットが大会2連覇。野口啓代は銀/世界選手権2019八王子【ボルダリング女子決勝】

 13日午後、IFSCクライミング世界選手権2019八王子はエスフォルタアリーナ八王子でボルダリング女子決勝を行い、今シーズンのワールドカップ年間優勝者ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)が大会2連覇を達成。野口啓代は2大会連続の銀メダルを獲得した。

 女子決勝は1番手、ショウナ・コクシー(イギリス)の完登で幕を開け、2アテンプトのガンブレットが1位、3アテンプトの野口が3トライで2位スタートとなった。

 勝負を分けたのは、スタートからの飛び出し後、四方に配置されたホールドを連続した手の動きで捉えるコーディネーション系の第2課題。5番手の野口までスタートからの飛び付きを決めきる選手が現れず、ガンブレットに2位以下を引き離すチャンスが巡ってくる。ガンブレットはトライを重ねるごとに微修正を繰り返すと、5トライ目に会心の一手。飛びつき後にさらなるジャンプでホールドを一つ飛ばし、軽やかにTOPへとたどり着いた。

 第3課題はバランシーな緩傾斜課題。スタート直後のムーブで壁から剥がされるかどうかで明暗が分かれ、野中生萌とカズベコワ(ウクライナ)が完登する。登り切れば優勝のガンブレットだったが、まさかのゾーンなし。野口は攻略の糸口が掴めず、ガンブレットに追いつく機会を逃してしまう。

 最終第4課題は強傾斜との真っ向勝負となった。優勝には完登しかないコクシーはパワーと足技を駆使して一撃に成功。ガンブレットを抜いて暫定1位に立つ。こちらも後がない野口は最後の力を振り絞り、ここぞという場面で一撃。コクシーを抜き、暫定5位から一気に1位へと駆け上がった。

 それでもゾーンさえ掴めば優勝のガンブレット。着実な登りでゾーン、そしてトップを掴み、歓喜の大会2連覇を達成した。

第2課題を唯一攻略したヤンヤ・ガンブレット。大会2連覇の達成である。

最終課題の一撃で一気に表彰台へとジャンプアップした野口啓代。

2016、17年のワールドカップ年間女王のショウナ・コクシーが3位でフィニッシュ。

<決勝リザルト>

1位:ヤンヤ・ガンブレット(SLO)/3t3z 8 8
2位:野口 啓代/2t2z 4 2
3位:ショウナ・コクシー(GBR)/2t2z 6 6
4位:イエブゲニヤ・カズベコワ(UKR)/1t2z 3 4
5位:野中 生萌/1t2z 5 6
6位:倉 菜々子/0t1z 0 1

※左から氏名、所属国、成績
※成績は左から完登数、ゾーン獲得数、完登に要した合計アテンプト数、ゾーン獲得に要した合計アテンプト数

リザルト詳細は国際スポーツクライミング連盟/大会ページから

CREDITS

取材・文 編集部 / 写真 窪田亮

back to top