野口、ガンブレットが優勝争いをリード。日本勢3名が決勝進出/IFSCクライミング世界選手権2019八王子【ボルダリング女子準決勝】

 13日午前、IFSCクライミング世界選手権2019八王子(エスフォルタアリーナ八王子)はボルダリング女子準決勝を行い、ワールドカップ年間優勝者のヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)、同2位の野口啓代が違いをみせて順当に決勝進出を決めた。

 大会3日目はシビアな幕開けとなった。女子準決勝は出場選手の半分となる10名が登り終えた時点で完登数は1つのみ。難関課題に多くの選手が苦しめられた。6番手で登場した野中生萌も0完登3ゾーンで終了し、暫定2位であとの選手の結果を待つこととなった。

 大きく流れは変わらないまま、19番手の野口、最終20番手のガンブレットが登場する。野口の第1課題失敗後、ガンブレットもゴール取りに苦心。この課題は完登者ゼロかに思われた。しかし、4トライ目にゴール手前のホールドを左手ではなく右手での保持に変更。これが功を奏し、見事な修正力でTOPをつかみ取る。完登後に大きく息を吐く姿が、いかに難関だったかを物語っていた。

さすがの実力を見せつけたヤンヤ・ガンブレット。

 するとここまでゼロ完登の野口も負けじと応酬する。第3課題は1トライ目の失敗の後、長く時間を置いて2トライ目に完登。野中のみがゾーンを獲得していたパワフルな第4課題は一撃し、観客からは驚きと称賛が沸き起こった。

 ガンブレットも野口の後を追うように第3、第4課題を完登し、最終的には3完登で首位。2位には2完登で野口が続き、2人が圧倒的な力を示して決勝へと駒を進めた。

 そのほか、第2課題を一撃していた倉菜々子が3位、野中も5位にとどまり、日本勢は3名がファイナル行き。伊藤ふたばは第2課題でTOPをとらえきれなかったことが響き、ゾーン獲得数の差により惜しくも7位で準決勝敗退となった。

 決勝は男子準決勝を挟み、本日の16時45分からスタートする。

<敗退選手コメント>


伊藤ふたば(7位敗退)
「2課題目を3回もゴール落ちしてしまったので、あそこを決め切れなかったのが敗因になったと思う。足が悪くてしっかり立ち上がることができなかった。4課題目のゾーンを取れたら残れることはわかってはいなかったが、みんな登れていないのは歓声でわかっていた。ゾーンを取っておけば決勝の可能性は高いと思って頑張ろうと登った。決勝に行って表彰台も狙っていたので悔しい。ボルダーで悔しい思いをしたので、気持ちを切り替えてリード、スピード、そしてコンバインドに残れるように頑張りたい」

<準決勝リザルト>

1位:ヤンヤ・ガンブレット(SLO)/3t4z 7 6
2位:野口 啓代/2t4z 3 8
3位:倉 菜々子/1t2z 1 5
4位:イエブゲニヤ・カズベコワ(UKR)/1t2z 2 3
5位:野中 生萌/0t3z 0 5
6位:ショウナ・コクシー(GBR)/0t3z 0 6
――――――
7位:伊藤 ふたば/0t3z 0 7
7位:アランナ・イップ(CAN)/0t3z 0 7
9位:ファニー・ジベール(FRA)/0t3z 0 8
10位:ペトラ・クリングラー(SUI)/0t3z 0 9
11位:ツァン・ユートン(CHN)/0t2z 0 3
12位:ルチカ・ラコヴェッチ(SLO)/0t2z 0 5
13位:ソ・チェヒョン(KOR)/0t2z 0 8
14位:キーラ・コンディー(USA)/0t2z 0 13
15位:アン・ソフィー・コレル(SUI)/0t1z 0 1
15位:ウルスカ・レプイシク(SLO)/0t1z 0 1
17位:ミア・クランプル(SLO)/0t1z 0 2
17位:ソフィア・ヨコヤマ(SUI)/0t1z 0 2
19位:ローラ・ロゴラ(ITA)/0t1z 0 3
20位:ルース・ドゥアディ(FRA)/0t1z 0 6

※上位6名が決勝進出
※左から氏名、所属国、成績
※成績は左から完登数、ゾーン獲得数、完登に要した合計アテンプト数、ゾーン獲得に要した合計アテンプト数

リザルト詳細は国際スポーツクライミング連盟/大会ページから

CREDITS

取材・文 編集部、篠幸彦 / 写真 窪田亮

back to top