「3種目で勝ちに行く」とコンバインドでの優勝が目標と公言していた楢崎智亜

コンバインド決勝進出者が決定/世界選手権2018

 オーストリア・インスブルックで開催中の世界選手権2018で最終日の16日に行われるコンバインド決勝に進出する男女6名が決定した。日本からは野口啓代、野中生萌の女子2人と、原田海、楢崎智亜、藤井快の男子3人がファイナル行きを決めている。

 コンバインドはリード、ボルダリング、スピードの3種目の順位を掛け算し、その数が少ない者が上位となる。今大会は各種目の結果を基に複合ポイントを算出。コンバインドにエントリーをした選手の中で、上位6名が決勝への切符を手に入れることとなった。決勝では再び3種目を行い、初代コンバインド世界一を決定する。

関連記事:楢崎智亜「3種目で勝ちにいく」

 いずれも各種目で一定の成績を収めた世界有数の選手たちだが、スピードを専任とする選手はおらず、ボルダリングまたはリードに強いクライマーたちが占める形となった。コンバインド決勝に進出した選手は以下の通り。

 

【女子】コンバインド決勝進出者

1位:ヤンヤ・ガンブレット(19/スロベニア)
   52ポイント(L 2位/S 26位/B 1位)
2位:ジェシカ・ピルツ(21/オーストリア)
   140ポイント(L 1位/S 35位/B 4位)
3位:野口 啓代(29)
   336ポイント(L 7位/S 24位/B 2位)
4位:野中 生萌(21)
   500ポイント(L 10位/S 10位/B 5位)
5位:ペトラ・クリングラー(26/スイス)
   672ポイント(L 8位/S 14位/B 6位)
6位:サ・ソル(24/韓国)
   1092ポイント(L 11位/S 13位/B 7位)

【男子】コンバインド決勝進出者

1位:原田 海(19)
   207ポイント(L 9位/S 23位/B 1位)
2位:楢崎 智亜(22)
   264ポイント(L 10位/S 6位/B 4位)
3位:ヤコブ・シューベルト(27/オーストリア)
   581ポイント(L 1位/S 79位/B 7位)
4位:藤井 快(25)
   912ポイント(L 19位/S 16位/B 3位)
5位:アダム・オンドラ(26/チェコ)
   1296ポイント(L 2位/S 54位/B 12位)
6位:ヤン・ホイヤー(25/ドイツ)
   1599ポイント(L 20位/S 13位/B 6位)

※上段左から氏名、年齢、国籍
※下段左から各種目順位を掛け合わせた複合ポイント、各種目順位(L=リード、S=スピード、B=ボルダリング)

<スケジュール>

9/16(日)
コンバインド決勝【女子】/11:00 ~(18:00 ~ )
コンバインド決勝【女子】/14:30 ~(21:30 ~ )

※カッコ内は日本時間。
※スケジュールは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

コンバインド詳細は国際スポーツクライミング連盟/大会ページから
日本代表出場選手、大会スケジュールなどはコチラから

CREDITS

編集部 / 写真 窪田亮

back to top