リードW杯開幕戦では3名が女子決勝に進み、楢崎智亜が銅メダルを獲得するなど幸先の良い滑り出しを見せた日本勢。

12日からリードW杯2018第2戦 フランス・シャモニー大会が開催

 クライミングW杯2018のフランス・シャモニー大会が7月11日~13日の3日間にかけて行われ、リードW杯第2戦とスピードW杯第5戦が同時開催される。

 先週末にスイス・ヴィラールで開幕したばかりのリードW杯は、舞台を隣国のフランスへと移し12・13日に第2戦を行う。開幕戦では2011、14年の年間王者であるヤコブ・シューベルト(オーストリア)、17年王者のロメイン・デグランジュ(フランス)という実力者2人に次いで楢崎智亜が3位に入り、女子でも4年ぶりに3名が決勝に勝ち進むなど日本勢は幸先の良い滑り出しを見せた。

 男子は地元フランスのデグランジュら強敵は多いが、楢崎の2戦連続表彰台に期待がかかる。今季リードW杯への出場はこれで一区切りする予定のため、欠場前最後の大会でさらなる自信を得たいところだ。

 女子では絶対的女王として君臨するヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)を打ち破ることはかなりのハードミッションとなる。しかし、ヴィラール大会で予選唯一の2ルート完登を果たした野口啓代や、初のリードW杯ファイナルを経験した野中生萌と小武芽生、初出場で予選5位と健闘が光った伊藤ふたばなど、各選手の状態は悪くないはず。少しでも上のラウンドに勝ち進み、まずは表彰台に上がることに期待したい。

 リードW杯に先駆けた11日には、スピードW杯第5戦の予選が行われる。今季の世界最高記録を男女ともにたたき出している地元フランス勢の躍動が予想されるなか、日本勢は少しでも彼らに食らいついていきたい。

 

クライミングW杯2018 フランス・シャモニー大会

スケジュール

7月11日(水)
スピード予選/15:00 ~(日本時間 22:00 ~)
7月12日(木)
リード予選/08:30 ~ 17:00(日本時間 15:30 ~ 24:00)
スピード決勝/20:30 ~ 21:30(日本時間 13日 03:30 ~ 04:30)※ライブ中継
7月13日(金)
リード準決勝/10:30 ~ 12:30(日本時間 17:30 ~ 19:30)※ライブ中継
リード決勝/20:30 ~ 22:30(日本時間 14日 03:30 ~ 05:30)※ライブ中継

※一部スケジュールに変更がありました。
(スケジュールは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください)
※ライブ中継は国際スポーツクライミング連盟/公式YouTubeチャンネルで行なわれます。

日本代表 出場予定選手

<男子>
楢崎 智亜(22)/L・S
藤井 快(25)/L・S
原田 海(19)/L・S
緒方 良行(20)/L・S
土肥 圭太(17)/L・S
波田 悠貴(21)/L
西田 秀聖(15)/L
田中 修太(18)/L・S
本間 大晴(18)/L
中野 稔(34)/L

<女子>
野口 啓代(29)/L・S
伊藤 ふたば(16)/L・S
野中 生萌(21)/L・S
小武 芽生(21)/L・S
尾上 彩(22)/L
三浦 絵里菜(22)/L
廣重 幸紀(22)/L

※左から氏名、年齢(大会初日時点)、出場予定種目
※出場予定種目はL=リード、S=スピード

関連記事:2018シーズンのスポーツクライミング日本代表が決定!

CREDITS

編集部 / 写真 窪田美和子/アフロ

back to top