モスクワ大会に続く2連勝を狙う楢崎智亜。2年前の重慶大会でW杯初優勝を果たすなど中国での大会とは相性も良い。

今週末からボルダリングW杯2018第3戦 中国・重慶大会が開催

 5月5・6日、中国・重慶にてボルダリングW杯2018の第3戦が行われる。翌週には第4戦・泰安大会が控えており、今週末から中国2連戦の幕が開ける。

 今シーズンも好調な出だしをみせている日本代表。今大会には男子12名、女子10名の計22名がエントリーし、男子では是永敬一郎が、女子では加島智子、杉村紗恵子が今季W杯初出場となる。

 中国との相性が良いのが、第2戦で優勝した楢崎智亜。その理由を「自分が得意な跳んだり跳ねたりの動きが要求される課題も多いし、ホールドを保持したときの感覚も好き」と話す。特に重慶は2016年に自身のW杯初優勝を果たした場所で、2戦連続優勝にも期待が持てそうだ。

 海外勢に目を向けると、2人の女子有力選手が今大会を欠場する。2年連続で年間女王に輝いているショウナ・コクシー(イギリス)と、昨季年間2位のヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)だ。コクシーはオフシーズンのトレーニングで指を負傷しており、決勝に進出こそしたものの、初戦、2戦目ともに本調子とは言えなかった。ガンブレットは学業のため、8月のボルダリングW杯最終戦・ミュンヘン大会まで欠場する見込みだ。

 日本代表としては、この状況をチャンスとみている。安井博志・日本代表ヘッドコーチは「席が空いたことによって、経験を積むチャンスが増える。(決勝に)新たな選手を送り込めるようにしていきたい」と意気込む。初戦で優勝している野中生萌も「ショウナには早く怪我を直して戻ってきてほしい。2人が欠場するのは残念ですが、その分中国ではしっかりと成績を残したい」と話した。重慶大会は、日本時間5日(土)10時45分開始のボルダリング男子予選からスタートする。

 

クライミングW杯2018 中国・重慶大会

スケジュール

5月5日(土)
ボルダリング男子予選/09:45 ~ 14:15(日本時間 10:45 ~ 15:15)
ボルダリング女子予選/15:45 ~ 18:45(日本時間 16:45 ~ 19:45)
5月6日(日)
ボルダリング男女準決勝/09:30 ~ 11:45(日本時間 10:30 ~ 12:45)※ライブ中継
スピード男女予選/12:00 ~ 14:00(日本時間 13:00 ~ 15:00)
スピード男女決勝/14:30 ~ 15:30(日本時間 15:30 ~ 16:30)※ライブ中継
ボルダリング男女決勝/16:45 ~ 20:00(日本時間 17:45 ~ 21:00)※ライブ中継
※一部スケジュールの変更がありました。

※スケジュールは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※ライブ中継は国際スポーツクライミング連盟/公式YouTubeチャンネルで行なわれます。

 

日本代表 出場予定選手

<男子>
楢崎 智亜(21)/B・S
藤井 快(25)/B・S
原田 海(19)/B・S
緒方 良行(20)/B・S
是永 敬一郎(22)/B・S
土肥 圭太(17)/B・S
渡部 桂太(24)/B
杉本 怜(26)/B
石松 大晟(21)/B
村井 隆一(23)/B
藤脇 祐二(22)/B
高田 知尭(23)/B

<女子>
野口 啓代(28)/B・S
伊藤 ふたば(16)/B・S
野中 生萌(20)/B・S
小武 芽生(20)/B・S
尾上 彩(22)/B
中村 真緒(18)/B・S
倉 菜々子(17)/B・S
菊地 咲希(15)/B・S
加島 智子(35)/B
杉村 紗恵子(25)/B

※左から氏名、年齢(大会初日時点)、出場種目
※出場種目はB=ボルダリング、S=スピード

関連記事:2018シーズンのスポーツクライミング日本代表が決定!

CREDITS

編集部 / 写真 藤枝隆介

back to top