全完一撃の伊藤ふたばらが優勝/ボルダリングユース日本選手権鳥取大会2017

5月20、21日、鳥取県倉吉市の倉吉文化体育館でボルダリングユース日本選手権鳥取大会2017が行われた。同大会は8月からオーストリアで開催される世界ユース選手権の日本代表選考を兼ねており、全国から男女289選手が参加した。

中でも注目を集めたのは、今年1月のボルダリングジャパンカップで優勝した伊藤ふたばと、3位に躍進した森秋彩が相まみえる女子ユースBだ。昨年大会は、ユースCで出場した森が優勝を飾った一方、ユースBの伊藤は決勝で1つも完登できず3位に終わった。また今年3月のユース選手権リード大会では、森が唯一の完登でリード枠のユース代表切符を手にしたのに対し、伊藤は4位。今大会は雪辱を期する伊藤がどんな登りを見せるかも見どころとなった。

20日の予選から2人は際立ったクライミングを披露する。コンテスト方式(1課題に対して5アテンプトまでの制限)の8課題を、まず森が競技開始からわずか36分間で全完登。第1課題以外を一撃でクリアした。対する伊藤は8課題すべてを一撃し、鮮やかに予選を1位で通過する。森は1アテンプト差で2位。そして、森と同学年の青柳未愛が11アテンプト、工藤花が12アテンプトを重ねながら全完登で続いた。

迎えた翌21日の決勝、第1課題で森が仕上げのムーブに苦戦し2アテンプトを重ねると、伊藤は難なく攻略して一撃する。第2課題も、1トライ目でボーナスをつかめずフォールし2アテンプトで完登した森に対し、伊藤は安定感ある登りで連続の一撃。ライバルをアテンプト差で引き離した。第3課題でも、森は完登したものの一撃はならず2アテンプト。最後を登る伊藤は森がフォールしたTOPを確実につかんで一撃。伊藤はただ一人、予選から11課題をすべて一撃するという圧倒的なパフォーマンスで王座に就いた。森は3完登6アテンプト。1トライ目のフォールから高い修正力を見せるが、伊藤には及ばず2位となった。

その他のカテゴリーでは、男子ジュニアに出場した日本代表の楢崎明智が予選から決勝まで唯一の全完登。同世代では頭一つ抜けた実力を示し、2年前の兄・智亜に続いて男子ジュニア優勝を果たした。女子ジュニアは、八王子W杯に開催国枠で参戦していた地元・鳥取出身の高田こころが初優勝。男子ユースBでは、抜井亮瑛がリードとの2冠を達成した。

ユース日本代表の発表は、6月上旬を予定している。

<各カテゴリー決勝リザルト>

男子ジュニア(1998年、1999年生まれ)
1位:楢崎 明智(栃木)3t5 3b5
2位:山内 響 (岩手)2t4 3b8
3位:本間 大晴(埼玉)2t5 2b3
4位:武者 知希(北海道)2t9 2b6
5位:北江 優弥(大阪)1t1 3b10
6位:名嶋 祐樹(福岡)1t2 2b10

女子ジュニア(1998年、1999年生まれ)
1位:高田 こころ(鳥取)3t3 3b3
2位:木下 茜  (長崎)2t2 3b3
3位:大河内 芹香(長崎)2t4 3b5
4位:古川 日南子(鳥取)1t1 3b4
5位:戸田 萌希 (山梨)1t3 2b2
6位:錦織 美里 (広島)0t 2b5

男子ユースA(2000年、2001年生まれ)
1位:土肥 圭太(神奈川)3t4 3b3
2位:中村 颯人(埼玉)2t3 3b4
3位:天笠 颯太(神奈川)2t5 3b5
4位:田中 修太(新潟)2t5 2b5
5位:田嶋 瑞貴(三重)2t8 3b5
6位:中島 大智(岩手)1t1 3b3

女子ユースA(2000年、2001年生まれ)
1位:中村 真緒(東京)1t1 3b3(予選1位)
2位:曽我 綾乃(埼玉)1t1 3b3(予選3位)
3位:倉 菜々子(愛知)1t4 3b6
4位:樋口 結花(佐賀)0t 2b4
5位:石井 未来(愛知)0t 2b5
6位:大塚 優希(大阪)0t 0b

男子ユースB(2002年、2003年生まれ)
1位:抜井 亮瑛(奈良)2t5 2b4
2位:川又 玲瑛(栃木)1t2 3b10
3位:竹田 創 (宮城)1t4 3b14
4位:黒木 陽 (宮崎)3b12
5位:渡辺 颯海(新潟)0t 2b3
6位:野中 凜 (愛知)0t 1b2
7位:片桐 綾真(静岡)0t 1b8

女子ユースB(2002年、2003年生まれ)
1位:伊藤 ふたば(岩手)3t3 3b3
2位:森 秋彩  (茨城)3t6 3b4
3位:菊地 咲希 (東京)3t7 3b3
4位:青柳 未愛 (東京)3t7 3b5
5位:工藤 花  (山形)2t7 3b4
6位:瀧川 萌美 (東京)1t4 3b10
7位:栗田 湖有 (新潟)0t 3b9

男子ユースC(2004年、2005年生まれ)
1位:大後戸 陽太(大分)2t4 3b3
2位:田中 裕也 (岐阜)2t5 3b6
3位:三根生 仁慈(大阪)1t1 2b2
4位:佐久間 祝 (新潟)1t2 3b3
5位:福谷 元気 (岡山)1t3 3b5
6位:鈴木 音生 (静岡)0t 2b5

女子ユースC(2004年、2005年生まれ)
1位:井土 桜花  (北海道)3t5 3b4
2位:美谷島 ももか(東京)3t8 3b7
3位:中川 瑠   (大阪)2t3 2b3
4位:工藤 空   (山形)2t9 2b7
5位:小池 はな  (埼玉)1t1 2b5
6位:石井 秀佳  (東京)1t6 2b10

大会詳細はコチラ
リザルト詳細はコチラ
ユース代表の選考基準はコチラ

CREDITS

篠幸彦 / 写真 窪田美和子/アフロ

back to top