FEATURE 80

アニメ『いわかける!- Sport Climbing Girls -』

上坂すみれ&石川由依の声優2人がボルダリングに初挑戦!


8月上旬、都内のボルダリングジムにて、今秋にABCテレビ・テレビ朝日系列で全国放送されるアニメ『いわかける!- Sport Climbing Girls -』(以下『いわかける!』)で主人公の笠原好(かさはら・このみ)役を演じる上坂すみれ、チームメイトの上原隼(うえはら・じゅん)役を演じる石川由依の人気声優2人がボルダリングに初挑戦。初めてとは思えない登りを披露して、10月3日から放送開始となる本作をPRした。

関連記事:クライミング界初! アニメ『いわかける!- Sport Climbing Girls -』が10月から放送スタート
 
 この作品に携わる前から、スポーツクライミングのことが気になっていたという上坂さんと石川さん。今回のチャレンジでは、元日本代表選手で長年クライミングスクールを主宰し、原作マンガのアドバイザーを務めた伊東秀和さんが臨時コーチとなってアニメ声優陣をサポートした。
 

まずは伊東秀和コーチがボルダリングの一連の流れをレクチャー。

 

 
 伊東コーチから一通りのレクチャーを受けた後、2人はさっそくボルダリングの課題にトライ。初めは初心者向けの難易度である9級の課題から、真上に登るシンプルなコースをともに1回目の挑戦で最後まで登り切って「完登」し、まず一安心の様子だった。
 

初めてのボルダリングに挑戦する上坂すみれさん。

 
 続いて、難易度の上がった7級にチャレンジ。先ほどより少し壁の傾斜が手前に倒れ、なおかつジグザグに登るコースだ。先に挑戦した上坂さんは「(大きなホールドである)ボリュームが邪魔……(笑)」と苦戦しながらも、伊東コーチから足の置き位置のアドバイスを受けて進み、そのままゴールであるTOPホールドへ。『いわかける!』で自身が演じる笠原好さながらの“オブザベーション能力”(課題を事前に観察する力)を発揮し「一撃」してみせた。
 

7級課題を見事に一撃!(初めてのトライで課題を完登すること)

 
 石川さんも「徐々に体の使い方がわかってきた」とファーストトライで完登し、「達成感がすごい」と喜びの笑顔。伊東コーチは「2人とも勢いがあっていい。上に行くと高さを感じ、行けるか行けないかのところで怖くなって手を出せないことがあるけれど、勇気を出していた」と賛辞を送った。
 

 

石川由依さんも続いて完登し、笑顔を見せる。

 
 しかし順調だった2人に対し、ここで伊東コーチから「さらに飛び級です!」の一言が。初心者でも一筋縄ではいかない5級課題へのチャレンジだ。「(5級は)運動経験のある男性でもギリギリって言ってたのに……」「もっと(簡単なのを登って)達成感が欲しいです!」と不満の声も漏らした上坂さんと石川さんだったが、「ボルダリングが面白いのは、短時間で成功と失敗の両方を知れるところ。2人はまだ失敗を味わっていない。恐れずに、経験することが大事」というコーチの言葉に後押しされ、それならばと難関に挑んだのだった。
 
 5級からは足を置けるホールドが指定され、手足の順番も複雑になる。中でも伊東コーチが選んだのは、ホールド間の距離が広がった難課題だ。先に登った上坂さんは、持ち手を探すのにも一苦労して最後は力尽き、途中で落下してしまう。一方の石川さんは、上坂さんから「ガンバ!」というクライミングではお馴染みの声援を受けながら、1回目にしてゴール直前まで迫る。だがTOPホールドまで距離があるため、伸ばした手がホールドをかすめて落ちるという惜しいトライに終わった。
 
 2人が失敗すると、お手本としてリード種目の日本代表、廣重幸紀選手が登場。颯爽とTOPホールドまで登った廣重選手は「腕がずっと力んでいると早く消耗してしまう。手を伸ばす時は足の力を使って。メリハリが大事です」とアドバイスを送った。
 

リード日本代表、廣重幸紀選手が登場。

 

軽やかに登ってお手本を示した。

 
 現役日本代表選手の登りを参考に再挑戦した2人は、上坂さんが1回目よりも前進して成長を見せると、前回同様ゴール直前まで迫った石川さんは勢いをつけて手を伸ばし、見事にTOPホールドを掴んで完登! 「落ちる怖さはあったけど、勇気を出して取りに行った。登れる楽しさがわかった気がする!」と感激の表情を見せた。
 
 そして最後は6級課題で対決。「2人で完登したい」と意気込んだ上坂さんが見事に最初のトライで仕留めると、あえて上坂さんの登り方を見ないようにしていた石川さんもスムーズな動きで登り切り、連続完登で初めてのボルダリング体験を締めくくった。
 
 上坂さんが「同じコースを登ると良いコミュニケーションになって、今まで以上に仲が深まった気がする」と話せば、石川さんも「一緒に頑張った感が生まれる」とコメント。「2人とも登るたびに慣れてきて素晴らしかった!」と伊東コーチからも合格点をもらい、2人にとっては大満足の初挑戦となったようだ。
 

運動経験のある男性初心者でも苦戦する5級課題を登り切った石川さん。周囲からも大きな拍手が送られていた。

 
 体験会終了後、2人に感想と10月から放送されるアニメについて話を伺った。本作に携わることでスポーツクライミングの奥深さを知ったという上坂さんと石川さんは、この日さらに楽しさを実感した様子。アニメをきっかけに、その魅力をもっと広めることができればと意気込み十分だ。
 
ボルダリング体験、お疲れ様でした。まずはスポーツクライミングについて、もともと抱いていた印象から教えてください。
上坂すみれ「『いわかける!』に携わる前から興味を持っていました。東京にいると、ガラス張りのボルダリングジムをよく見かけるんです。なかなか1人で入っていく勇気がなくて、謎に包まれた場所ではあったんですけど、そこで登っている人を見て『すごいな』と思っていました。しかもカラフルなホールドがいっぱいあって、ちょっと楽しそうだなって」
 

 
石川由依「『ボルダリング』という単語はよく耳にしていて、やっていると体幹が鍛えられるという話も聞いていました。声優は発声するのに体幹が大事なので、それもあってボルダリングをやってみたい気持ちがずっとあったんです。アニメに出演することが決まり、あらためてボルダリングに注目してみると、テレビでもよく特集が組まれていました。映像で選手の登りを見たら、自分が思っていたのと違って、すごい勢いや想像できない動きで登っていて。こんなにボルダリングって奥が深くて、すごいスポーツなんだなって、だんだんと知っていきましたね」
 

 
本日、実際に体験されましたが、感想はいかがでしょうか?
上坂すみれ「もう、めちゃくちゃ楽しかったです! 夢中で登っていました。私のような初心者でも楽しめるということは、きっと世界的な選手も楽しんでやってらっしゃるんだろうなって。登ってみないとわからないんだなっていうことが多かったです。初心者も上級者も同じように(達成感を)楽しめるスポーツって、なかなかないと思います。明日(疲労で)腕がどうなっているかわからないですけど(笑)、今日はすごい達成感がありました」
 
石川由依「上手い選手は楽ちんに登っているように見えたので、『もしかしたら私もできるかも!?』と思っていたんですけど、すごく甘い考えでした(笑)。実際に登ってみると、思っていた景色とは全然違って、(コースを示すテープの)色が見えなかったり、次にどこへ手を出したらいいかわからなかったり。でもこれがどんどん慣れてくれば、次の手がすぐに出て、体の使い方もわかっていくんだろうなって体験していくうちに感じて、なんだかそれがすごく楽しかったです。上に行ってからの恐怖感もあって、すごく勇気がいるスポーツだけど、てっぺんに登った時の気持ち良さは、きっとこのスポーツじゃないと味わえないんだろうなと思いました」
 
『いわかける!』はスポーツクライミングをメインテーマに据えた初のアニメ作品とのことですが、本作への意気込みを聞かせてください。
上坂すみれ「私の演じる笠原好ちゃんは、ゲームっ子からクライミングの楽しさにハマるという珍しいキャラクターなんですけど、とてもオブザベーションが得意な子で、体力の未熟さを目や頭で補っていく戦い方がすごく面白いです。それにクライミング部の熱い青春物語は『スポ魂!』って感じで誰もが楽しめると思います。個人でも、チームでも、熱い戦いが見られる。そういう作品なので、ぜひアニメをご覧いただきたいですね」
 
「私自身、オーディションを受けた当時はクライミングにあまり縁がなかったのですが、この作品を通していろいろな専門用語まで知ることができました。スポーツクライミングがオリンピック競技にも選ばれて世界的に注目が集まっている、まさにそんな時にこのアニメが始まるので、ぜひチェックをしていただきたいですし、さらに私が一度やっただけでもこんなに楽しかったクライミングを、好の“追体験”として味わっていただけると嬉しいです」
 

 
石川由依「私が演じた上原隼ちゃんは、人とコミュニケーションをうまく取れないところがあるんですけど、好と出会って、もっと自分も強くなろうと不器用ながらも一所懸命頑張っている子です。クライミングというスポーツは、今後さらにみなさんの目にとまる機会が増えるでしょうし、きっとこのアニメをきっかけに知る方も多いと思うので、そこからスポーツクライミングがどんどん広がっていったら嬉しいです」
 
「私も原作やアニメを通してこのスポーツのことを知っていったので、まだクライミングに詳しくない方は入門編としてアニメを楽しんでいただきたいですね。そしてアニメを見てスポーツクライミングを体験してみたい!という方が増えたら、もっともっと盛り上がっていくんじゃないかと思います。ぜひ『いわかける!』をご覧いただいて、こんなに熱い戦いがあるスポーツを知っていただきたいです。楽しみにしていてください!」
 

 
 
TVアニメ『いわかける!- Sport Climbing Girls -』公式サイト

CREDITS

取材・文 編集部 / 写真 窪田亮

PROFILE

上坂すみれ (うえさか・すみれ)

ロシア、昭和歌謡、メタルロック、戦車、ロリータ、プロレス、髭など、多方面に興味を示し知識を持つ声優アーティスト。多くのメディア出演を果たし、また歌手としては両国国技館における単独ライブの成功も収めている。本作ではパズルゲームの天才で、高校でクライミングと出会い成長していく主人公の笠原好役を演じる。

PROFILE

石川由依 (いしかわ・ゆい)

6歳から劇団に所属し、幼少の頃から多くの舞台に出演。声優としてはアニメ『進撃の巨人』のミカサ・アッカーマン役としても知られている。スポーツクライミングとは東京五輪内定選手、野口啓代と生年月日が同じという“縁”も。本作では好と同学年で、幼い頃からクライミング一筋の上原隼役を演じる。

back to top