3名が出場した日本勢だったが、原田海(写真)の4位が最高で表彰台にはたどりつけず。

スピードでのミスが響き、日本勢まさかのメダルなし/世界選手権2018【男子コンバインド】

 9月16日、オーストリア・インスブルックで開催中の世界選手権2018は最終日を迎え、男子のコンバインド決勝が行われた。優勝は地元オーストリアのヤコブ・シューベルトで、リード単種目との2冠を達成。2位にはアダム・オンドラ(チェコ)、3位にヤン・ホイヤーが入った。決勝に進出していた3名の日本勢は、原田海が4位、楢崎智亜が5位、藤井快が6位となり、先に行われていた女子に続いてまさかのメダルなしとなった。

 リード、ボルダリング、スピードの各単種目の成績から、コンバインドにエントリーをしていた上位6名がこの日の決勝に進出。出場選手の半分を日本勢が占め、メダル獲得の期待が高まった。しかし最初に行われたスピードで、ファイナリスト最速の楢崎智亜がいきなり躓く。シューベルトと相対した初戦で、わずかに足が先に動いてフライング。敗者復活にも回れず、6位スタートとなってしまう。日本勢対決となった藤井と原田の戦いは藤井に軍配が上がるが、藤井は次の準決勝でリードしながらもゴール目前で足をスリップさせてしまいホイヤーに敗れる。敗者復活で準決勝に進んだ原田もゴール手前で失速した隙をつかれてシューベルトに敗北した。1位は最後まで安定していたホイヤーで、2位にシューベルトが付けた。

 

藤井vs原田の日本人対決は藤井に軍配が上がった。

最後の一手を取る一瞬のもたつきの間にシューベルトに敗れ、悔しがる原田。

 第2種目のボルダリングで巻き返しを図りたい楢崎は、第1課題をゾーン獲得で終える。続くオンドラが3トライ目に攻略すると、3番手に登場したボルダリング単種目の新世界王者、原田が一撃して会場を沸かせた。その後楢崎がゾーンを経由せずに攻略してみせたスラブの第3課題を終え、全3完登のシューベルトとオンドラが1、2位となり最終課題を迎える。ここまで2完登3ゾーンの一番手楢崎は見事な一撃で1位通過への望みを繋ぐも、その後の5人全員も一撃して順位は動かず。1位にシューベルト、2位にオンドラが付けて、楢崎はこの種目3位となった。この時点で、総合順位で首位のシューベルト(2ポイント)、2位のホイヤー(4ポイント)、3位のオンドラ(10ポイント)の3人に優勝の可能性が残され、4位楢崎以下の日本勢は金メダルへの道が絶たれてしまう。

 

第3課題以外を一撃するなど、全完登で1位となったシューベルト。

 最終種目のリードでは、先頭の原田(34+)、藤井(30+)、楢崎(34)の記録を、4番手で今大会リード単種目2位のオンドラが軽々と越えていき終盤の42+まで到達する。5番手で総合暫定2位だったホイヤーが最も低い26+で競技を終えたため、ホイヤーの記録を越えることが複合王者の条件となった同1位のシューベルトだったが、リード王者の彼にとってはイージーミッションだった。オンドラの高度には届かなかったものの、37+を記録してこの種目2位。この結果、地元のシューベルトが初代複合世界王者に輝き、会場は大声援に包まれた。

 3名が決勝に進出し、複合の強化も進む日本勢はメダルが期待されたが、表彰台にはたどり着けず。スピードでのミスがその要因の一つであることは明らかで、今後は大舞台でも安定してゴールにたどりつく力も求められる。

 

コンバインド優勝を決め、シューベルトは地元の観衆に向かい雄叫びをあげる。

2大会前にリード、ボルダリングの2冠を達成したオンドラ。今大会ボルダリング単種目では17位と振るわなかったがコンバインド決勝ではさすがの実力を発揮した。

日本勢とは対照的に、終始安定していたスピードで1位を取り表彰台に立ったホイヤー。

 

原田海コメント
「日本人の表彰台は固いと思っていたので、外国人選手の強さにビックリしました。彼らからはアイソレーションでも、勝利への執着心を感じました。決勝に3人がいたことでどこかに甘えや緩みがあったのかもしれません。ただ、自分としては悔しさよりもやり切った感覚が強いです。特にリードはいい登りができたと思います。スピードはまだ本格的に取り組んでないので、今後伸びしろはあると感じています」

 

楢崎智亜コメント
「正直なところ、この結果は予想外でした。決勝に日本人が3人も残っていたにも関わらず、誰もメダルが獲れなかった。スピードで6位になって、ヤコブが2位に入った時点で優勝は厳しいかなと感じました。表彰台を目指して気持ちを切り替えて登りましたが、結果に繋がりませんでした。ボルダーは課題のタイプによって誰が勝つか分からないので、スピードはもちろんですが、もっとリードを強化することが大切だと感じました」

 

藤井快コメント
「スピードはタイムに拘り過ぎると一つのミスで勝てなくなってしまう。多少のミスがあっても最後まであきらめない気持ちが決勝では大切になると感じました。やはり隣の選手も視界に入るので、経験を積んでどんな状況でも安定したパフォーマンスを発揮できるようになりたいです。次は11月のアジア選手権にフォーカスしていきたい。複合種目での出場になるので、今日の経験を活かして結果を出していきたいです」

 

<決勝リザルト>

1位:ヤコブ・シューベルト(27/オーストリア)
   4ポイント(S 2位/B 1位/L 2位)
2位:アダム・オンドラ(25/チェコ)
   10ポイント(S 5位/B 2位/L 1位)
3位:ヤン・ホイヤー(26/ドイツ)
   24ポイント(S 1位/B 4位/L 6位)
4位:原田 海(19)
   60ポイント(S 4位/B 5位/L 3位)
5位:楢崎 智亜(22)
   72ポイント(S 6位/B 3位/L 4位)
6位:藤井 快(25)
   90ポイント(S 3位/B 6位/L 5位)

※上段左から順位、氏名、年齢、国籍
※下段左から各種目順位を掛け合わせた複合ポイント、各種目順位(S=スピード、B=ボルダリング、L=リード)

リザルト詳細は国際スポーツクライミング連盟/大会ページから
日本代表出場選手、大会スケジュールなどはコチラから

CREDITS

取材・文 編集部 / 写真 窪田亮

back to top