ボルダリングW杯2017 ミュンヘン大会での楢崎智亜(写真:藤枝隆介)

第1期JMSCAオリンピック強化選手が決定

 (公社)日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)は24日、第1期JMSCAオリンピック強化選手男女各6名を発表した。男子では2016年ボルダリング世界王者の楢崎智亜や弟の明智などが、女子では野口啓代、野中生萌らに加え、伊藤ふたばを含む3名のユース代表が名を連ねている。

第1期JMSCAオリンピック強化選手にユース代表から選出された(左から)谷井菜月、森秋彩、伊藤ふたば(写真は世界ユース選手権2017リードユースB表彰台)

 この度設けられたJMSCAオリンピック強化選手の対象選手には、下記の特典が与えられる。

1. オリンピック複合種目強化のための強化合宿やワールドカップ・世界選手権等の国際大会・遠征等の金銭的な補助を受けることができる
2. 特別練習会や強化合宿へ最優先に参加することができる
3. 強化委員会が指定する各種目のワールドカップへ最優先に出場することができる
4. 複合種目の国際大会へランキング上位者から最優先に出場することができる

 JMSCAの発表によると、今後極めて優秀な成績を収めた選手を追加することがあるとともに、6ヶ月毎に入れ替えを行う予定とのこと。この新たな取り組みが、日本勢のさらなる躍進に繋がることを期待したい。

 

第1期 JMSCA オリンピック強化選手

男子

緒方 良行(おがた・よしゆき)福岡県連盟/19歳
是永 敬一郎(これなが・けいいちろう)埼玉県連盟/21歳
楢崎 智亜(ならさき・ともあ)栃木県連盟/21歳
楢崎 明智(ならさき・めいち)栃木県連盟/18歳
藤井 快(ふじい・こころ)東京都連盟/24歳
渡部 桂太(わたべ・けいた)三重県連盟/24歳

女子

伊藤 ふたば(いとう・ふたば)岩手県協会/15歳
尾上 彩(おのえ・あや)福井県連盟/22歳
谷井 菜月(たにい・なつき)奈良県連盟/14歳
野口 啓代(のぐち・あきよ)茨城県連盟/28歳
野中 生萌(のなか・みほう)東京都連盟/20歳
森 秋彩(もり・あい)茨城県連盟/14歳

※所属、年齢は10月25日現在
※氏名は五十音順

強化方針や選考基準などの詳細はこちらから

CREDITS

編集部 / 写真 藤枝隆介/(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会

back to top