本日からはリードW杯第6戦 中国・呉江大会/楢崎智亜、野口啓代らが今季初出場

 10月7、8日、リードW杯第6戦が中国・呉江で行われる。今大会では東京2020に向けて多くの選手が普段の主戦場とは異なる種目に挑戦する。また、シーズンは残り3戦となり年間順位争いもいよいよ最終局面に突入する。

 日本からは男子7名、女子5名がエントリーしているが、今季ボルダリングを主戦場としてきた選手たちも名を連ねている。男子では楢崎智亜が2013年のヴァランス大会(24位)以来4年ぶりに、渡部桂太はリードW杯初参戦。女子では出場したリードW杯で安定した成績を残している野口啓代と、小武芽生の2人が今季初出場となる。緒方良行が第4戦で初出場4位入賞となったように、普段はボルダーメインの彼らがどれほどの結果を出すことができるのか注目していきたい。

 なお、同時開催されるスピードW杯第6戦には男子から藤井快、楢崎、緒方3名が出場する。緒方以外の2人はスピードW杯初出場となるが、楢崎はもともと備えている身体能力に加え、2015年のアジアユース・ジュニアでは銅メダルを獲得するなどそのポテンシャルは高いはず。今回の出場である程度の手ごたえをつかみたいところだ。

 シーズン終盤に突入したリードW杯の年間王者争いでは男女ともに1位の2人が抜け出しつつあるが、男子の2位以下は30ポイント以内に4名がひしめく団子状態。そのなかで日本の是永敬一郎が3位と健闘中。年間表彰台に向け、残り3戦でのラストスパートに声援を送りたい。

 

リードW杯第6戦 中国・呉江大会

出場予定選手

<男子>
是永 敬一郎(S代表/21)
樋口 純裕(A代表/25)
藤井 快(A代表/24)※スピード
楢崎 智亜(B代表/21)※スピード
緒方 良行(B代表/19)※スピード
野村 真一郎(I代表/20)
渡部 桂太(24)
※スピード=同時開催のスピードW杯にも出場予定

<女子>
野口 啓代(A代表/28)
大田 理裟(B代表/24)
小武 芽生(B代表/20)
義村 萌 (B代表/20)
森脇 ほの佳(B代表/17)

スケジュール

10月7日
リード男女予選  09:45 ~(日本時間 10:45~)
スピード男女予選 19:15 ~(日本時間 20:15~)
10月8日
リード男女準決勝 10:00 ~(日本時間 11:00~)※ライブ中継
スピード男女決勝 16:00 ~(日本時間 17:00~)※ライブ中継
リード男女決勝  18:50 ~(日本時間 19:50~)※ライブ中継

※ライブ中継はIFSCのYouTubeチャンネルで行なわれます。
※リード日本代表選手一覧はコチラから

CREDITS

編集部

back to top