日本代表が圧巻の全カテゴリー制覇/アジアユース選手権 シンガポール大会2017【ボルダリング】

 7月8日、アジアユース選手権シンガポール大会2017のボルダリング決勝が行われ、ユース日本代表は6つのカテゴリーすべてで金メダルを獲得した。日本のボルダリング全カテゴリー制覇は楢崎智亜、野中生萌らが出場した2015年大会以来2年ぶりとなる。

 前日の予選で19名中18名が決勝進出を果たしていた十代の日本代表たちは、この日も得意のボルダリングで躍動する。まずは午前からの部で行われた女子決勝。注目のユースBで頂点に立ったのは、リードで悔しい3位に終わっていた伊藤ふたば。ハイライトは第二課題。途中何度も呼吸を整えるなどバランス取りに苦戦していた伊藤は残り38秒で4度目のトライをスタートさせると、難所を乗り切りカウントダウンのアラートが鳴り響くなか両手をそっと添える形で完登。タイマー表示は残り0秒で、会場からは歓声が沸き起こる。その後も冷静な登りで全4完登し、アジアの舞台で3年連続のボルダリング種目優勝を果たした。逆転で2位に入ったのは谷井菜月。順位がひとつ上の森秋彩がボーナスすら掴めなかった最終課題を猛撃すると、18度目のトライでボーナスを初めて捉え一気にTOPまで登りつめた。4位には菊地咲希が入り、このカテゴリーの完登者は日本人4選手のみという結果に。ユースAでは第一課題を唯一完登した中村真緒がそのまま小島果琳らを抑え2年ぶりにアジア王者にかがやくと、ジュニアでも3名が2完登で並んだ争いをアテンプト差で高田こころが制した。

 続けて男子。日本人4名が名を連ねたユースBを勝ち抜いたのは今年の国内ユース大会でボルダリング、リードの二冠を達成していた抜井亮瑛。ユースAでも昨年の世界ユースボルダリング覇者の土肥圭太がただ一人の3完登でアジアでもその名を刻んだ。そして最後に行われたのは現ボルダリング日本代表の緒方良行、原田海、楢崎明智の3名と中上太斗が臨んだジュニア決勝。第一課題で先に登る韓国人2名が躓くなか、4名は完登しさすがの実力を見せる。なかでも楢崎はただ一人の一撃でトップに立つと、その後も安定した登りで首位の座を渡さず最終課題を迎える。そしてこの最終課題のスラブ(緩傾斜)壁は手をかけながらも完全に保持することが難しいTOPホールドに誰もがあと一手というところで跳ね返されてきた難局で、男子ユースA、ジュニアを通し完登者が現れていなかった。しかし、楢崎は恵まれた体格を駆使し流れるようなムーブで苦しむことなく一撃。その後の緒方の完登もむなしく今大会リードとの二冠を決めた。

 決勝に進出した日本人選手が各カテゴリーの上位を独占するなど、アジアでの圧倒的な強さを改めて見せつけたユース日本代表。大会最終日の明日は、いよいよユースAカテゴリーで3種目複合のオリンピックフォーマットによるコンバインド決勝が行われる。

 

<リザルト・ボルダリング種目>

男子ジュニア(1998年、1999年生まれ)
1位:楢崎 明智 4t5 4b4
2位:緒方 良行 4t7 4b6
3位:原田 海  3t7 4b9
4位:中上 太斗 3t9 4b9
5位:Kim Seunghyun(韓国)1t2 4b19
6位:Shin Joonha(韓国)0t 2b9

男子ユースA(2000年、2001年生まれ)
1位:土肥 圭太 3t7 4b6
2位:田嶋 瑞貴 2t5 4b4
3位:中島 大智 2t5 4b5
4位:Pan YuFei(中国)2t5 4b9
5位:Hualong Song(中国)0t 4b9
—–
7位:田中 修太

男子ユースB(2002年、2003年生まれ)
1位:抜井 亮瑛 4t7 4b7
2位:川又 玲瑛 4t9 4b7
3位:西田 秀聖 3t5 4b11
4位:竹田 創 3t9 4b6
5位:Ravianto Ramadhan(インドネシア)1t5 3b9
6位:Raviandi Ramadhan(インドネシア)0t 2b6

女子ジュニア(1998年、1999年生まれ)
1位:高田 こころ 2t3 4b6
2位:Agambayeva Margarita(カザフスタン)2t4 3b4
3位:Park Mini(韓国)2t7 4b8
4位:Kim Seohyun(韓国)1t1 4b4
5位:Nasugian Ndona(インドネシア)1t4 3b13
6位:Mirahmadi Afsaneh(イラン)0t 2b4

女子ユースA(2000年、2001年生まれ)
1位:中村 真緒 3t7 4b6
2位:小島 果琳 2t9 4b10
3位:Park Doyeon(韓国)1t2 4b10
4位:Ko Jeongran(韓国)1t3 4b10
5位:Song YiLing(中国)1t3 3b5
6位:Ramezani Rahil(イラン)1t4 3b8

女子ユースB(2002年、2003年生まれ)
1位:伊藤 ふたば 4t8 4b6
2位:谷井 菜月 4t30 4b26
3位:森 秋彩 3t7 3b5
4位:菊地 咲希 3t10 4b10
5位:Seo Chaehyun(韓国)0t 2b6
6位:Cho Gayeon(韓国)0t 2b16

リザルト詳細はコチラから
リード種目の結果記事はコチラから
スピード種目の結果記事はコチラから

CREDITS

編集部

back to top