7月5日にスイスへ向け出発したリード日本代表選手団

リードW杯の2017シーズンがまもなく開幕!

 7月7、8日、リードW杯がスイス・ヴィラールで幕を開ける。リードはスポーツクライミングを構成する3種目のうちの1つで、高さ12m以上の壁をどこまで登ることができるかを競う。選手はルート途中の確保支点に自身に繋がっているロープをかけて安全を確保しながら登り、最後の支点にロープをかけると完登と見なされる。予選は2課題、26人による準決勝と8人での決勝は1課題で行われ、時間内であれば何度でもトライできるボルダリングと違い、落ちたらそこで終了となる一発勝負の戦いだ。

 昨シーズン総合優勝を果たしたのは、年間4勝(全7戦)を挙げたスロベニアの18歳、ヤンヤ・ガンブレット。2017年はボルダリングW杯でも年間暫定3位につけるなど好調で、今シーズンも彼女を中心に進んでいくことが予想される。ヤンヤを擁するスロベニア、同じく昨季の国別ランキングで上位につけたフランス、オーストリアの選手たちがリードW杯をけん引していきそうだ。

 日本はというと国別4位に終わっており、女子ではすでに一線を退いている小林由佳の6位、男子では樋口純裕の9位が最高位だった。今年はボルダリングを得意とする選手たちも代表に選ばれており、リード種目における日本勢の躍進にも期待したい。

 

リードW杯第1戦 スイス・ヴィラール大会

出場予定選手

<男子>
是永 敬一郎(S代表/21)
樋口 純裕(A代表/24)
藤井 快 (A代表/24)
波田 悠貴(A代表/20)
中野 稔 (B代表/33)
清水 裕登(B代表/21)
野村 真一郎(IFSC枠/20)

<女子>
大田 理裟(B代表/24)
義村 萌 (B代表/20)
戸田 萌希(IFSC枠/18)

スケジュール

7月7日
リード男女予選  09:00 ~(日本時間 16:00~)
スピード男女予選 17:00 ~(日本時間 24:00~)
スピード男女決勝 21:00 ~(日本時間 8日 04:00~)※ライブ中継
7月8日
リード男女準決勝 10:00 ~(日本時間 17:00~)※ライブ中継
リード男女決勝  20:00 ~(日本時間 7日 03:00~)
※スピードW杯第3戦も合わせて開催予定。

※ライブ中継はIFSCのYouTubeチャンネルで行なわれます。
※リード日本代表選手一覧はコチラから

CREDITS

写真 日本山岳・スポーツクライミング協会

back to top