「三井不動産クライミングパーク for TOKYO 2020」が21日まで開催

5月18日(木)午前、ららぽーと豊洲にてスポーツクライミング3種目が体験できる「三井不動産クライミングパーク for TOKYO 2020」のオープニングイベントが行われ、ゲストとして野口啓代、野中生萌、タレントで元陸上十種競技チャンピオンの武井壮さんが登場した。早速2人によるデモンストレーションが行われ、野口がトゥフックからのぶら下がり、野中は洗練されたランジを披露すると集まった報道陣からはどよめきが起きた。

デモンストレーションで笑顔を見せる野中生萌

その後に行われた縦ではなく横移動のスピードウォールでは、練習から自己ベストを2秒更新する5.13秒を武井がマークするも、3.40秒で野口があっさりと抜き去り、続く野中も2.76秒を記録。トップクライマー2人のスピードが、会場を盛り上げた。

自己採点で「120点!」と納得していた武井だったが…

あっさりと2人に抜かれてしまった

野口は「このような大きな施設で、少しでも多くの人にクライミングの魅力を伝える絶好のチャンスだと思っています」と話し、野中も「これを機にクライミングの楽しさを感じ、たくさん味わっていただきたいと思っています」と歓迎した。観戦や体験を通じクライミングの凄さを感じているという武井は「この2人の日頃からの活躍があってこそ開催されたイベントといってもいいのでは。東京2020が終わったころには、このららぽーと豊洲の壁面がすべてクライミングウォールになるくらいの盛り上がりを期待したい。ぜひ五輪での金メダルをよろしくお願いします!」と締めくくった。

3種目を同時に体験でき、トップクライマーの記録にも挑戦できるチャンス。今週末はららぽーと豊洲に訪れてみてはいかがだろうか。

【三井不動産クライミングパーク for TOKYO 2020】
日程:2017年5月18日(木)~21日(日)
時間:10時~17時(受付16時30分まで)
場所:アーバンドック ららぽーと豊洲/シーサイドデッキ
参加費:無料
内容:ボルダリング、リード、スピード(横移動)、キッズウォール
対象:小学生以上(キッズウォールは小学生未満も体験可)
※スピードウォールで3名の記録を超えた方にはオリジナルタオルがプレゼントされます。
※5月20日(土)に行われる「クライミングアカデミー」の参加申し込みは締め切られました。

「三井不動産クライミングパーク for TOKYO 2020」公式サイトはコチラ

CREDITS

取材・文・写真 編集部

back to top