二子玉川に日本代表選手が集結! スカイキッズ・クライミング体験会

5月13日(土)、東京・二子玉川ライズ ガレリアで、スポーツ専門チャンネル「スカイA」と、こども・アニメ専門チャンネル「キッズステーション」のコラボプロジェクト、「スカイキッズ」によるスポーツクライミング体験会が開催された。

コーチ陣は今年誕生したスポーツクライミングチーム「マイナビクライマーズ」の6人。日本代表選手会・会長の杉本怜をはじめ、波田悠貴、尾上彩、廣重幸紀、小武芽生、戸田萌希という日本代表選手がずらりと顔を揃えた。会場ではマイナビクライマーズによるスピードクライミングのデモンストレーションが披露され、約6mの特設ウォールを颯爽と駆け登る姿に、居合わせた観客は大きな拍手を送った。会場内には初心者でも参加できる簡易ウォールも設置され、パパ・ママに見守られ、初クライミングにチャレンジする子どもたちの姿が目立った。

また、同日の午前中には先月28日にオープンしたばかりのフィッシュアンドバード二子玉川店にて、スカイキッズ・ボルダリング体験会も開催された。こちらは夢を追いかける未来のクライマーを応援するというコンセプトのもと、小学生から中学生を対象に、クライミングジムを舞台に行われる本格的なクライミング体験イベントだ。4回目となる今回は2度のセッション合わせて約100名のキッズとその保護者が参加し、講師は同じくマイナビクライマーズの6人が務めた。

「僕もクライミングを始めたのは小学校3年生。今日楽しいと感じた人はこれからも続けて、どんどん上達してほしい」(杉本)、「最初は恥ずかしがって登らなかった子もいたけど、後半はみんな積極的に登ってくれて嬉しかった。競技でなくても趣味としてもクライミングを楽しんでほしい」(小武)と参加者へエールを送った。

当日はあいにくの天気となったが、数多くの子どもたちが初めてのクライミング体験を楽しんだ

フィッシュアンドバード二子玉川店で子どもたちに熱心な指導をする杉本怜

マイナビクライマーズの6人。左から杉本怜、廣重幸紀、小武芽生、尾上彩、戸田萌希、波田悠貴

スカイキッズ公式サイトはコチラから
フィッシュアンドバード公式サイトはコチラから

 

CREDITS

取材・文・写真 編集部

back to top