男女合わせて5名がファイナルへ 準決勝レポート/ボルダリングW杯 第4戦・八王子大会

5月7日午前、ボルダリングW杯第4戦八王子大会の準決勝が行われ、日本は男子が渡部桂太、石松大晟、楢崎智亜の3人、女子は野口啓代、野中生萌の2人が準決勝へ進出した。

男子は第1課題から苦戦する選手が続出する中、5番手の石松が2アテンプトで完登。良いスタートを切ると第2、第3課題を一撃でクリア。第4課題は完登を逃すも、3完登4アテンプトで3位につけた。6番手の楢崎も第1課題を完登すると、第2課題をオンサイト、第3課題を2アテンプトで難なくクリア。しかし、石松と同様に第4課題はボーナスで終わり、石松と競る形で4位に。南京大会優勝の渡部は第1課題からアテンプトを重ねながらも、確実に完登を刻んでいく安定した登りを披露。石松、楢崎がクリアできなかった最終課題を5アテンプトで見事に完登し、唯一の全完登で文句なしの1位で決勝進出を決めた。

昨年総合2位の藤井快は第1課題で完登を逃すが、第2、第3課題を完登。しかし、第4課題はボーナスにも手が届かず、2完登4アテンプトで9位。藤井は「動きの読みが合わなかった」と攻略し切れなかった課題に悔しさをにじませた。予選1位通過の緒方良行、堀創も期待されたが、予選とはタイプの違う課題に対応できず、堀は1完登1アテンプトで14位、緒方は1完登2アテンプトで17位に終わった。

開催国枠での出場ながら準決勝2位と躍進した石松

2完登にとどまり、9位で準決勝敗退となった藤井

女子は実力の差がはっきりと現れる結果となった。半分以上の選手が1完登をするのもやっとの中、18番手の野口が貫録の登りをみせる。予選では緊張を口にしたが、第1課題から歓声に手を振る余裕も見せ、2アテンプトで確実に完登。第2、第3も危なげない登りで完登を刻んだ。難所の第4課題は3アテンプトで攻略し、全完登の2位で決勝に駒を進めた。昨日の予選からだだ一人全完登を続けるヤンヤ・ガンブレットが野口を僅差で上回り1位となった。

19番手の野中も第3課題までオンサイトはないものの、落ち着いた登りで完登を重ねていく。第4課題はボーナスを掴むに止まったが、この時点で決勝進出は確定しているので、無理をせず時間を余らせて競技を終了。3完登8アテンプトで4位につけた。尾上彩は第1課題を一撃するも、あとが続かずに1完登1アテンプトで12位。小武芽生は粘り強くトライを続けたが完登なしの20位で終えた。

全完登で首位通過となった昨年のリードW杯年間チャンピオンの18歳、ヤンヤ・ガンブレット

藤井快コメント
「全然対応できなかったので、自分の実力不足を呪いました。今回は足が滑ったり、踏めなかったところが課題。そこをもう一度見直したい。体力がないので連戦が苦手で、1回目は調子が良かった。次まで1ヶ月空くのでもうちょっと良くなっていると思います」

緒方良行コメント
「昨日と課題のタイプがだいぶ変わってきて対応できなかった。自分の苦手な部分が改めてわかりました。今日みたいな緩い傾斜の課題は得意ではないので、そこを克服できたらと思います。プレッシャーはあまり考えないようにして、とにかく楽しめたらと思って登りました」

杉本怜コメント
「個人的には今シーズンはコンスタントに決勝に残ることを目標にしているので、今日の結果は悔しいです。ただ肩の手術後のリハビリもまだ途中の段階なので、ここで無理するのではなく、来年、再来年とさらに調子を上げていきたい」

<女子準決勝>
1位 ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア/18)4t8 4b6
2位 野口 啓代(27)4t8 4b7
3位 ファニー・ジベール(フランス/24)3t3 4b4
4位 野中 生萌(19)3t8 4b6
5位 ショウナ・コクシー(イギリス/24)3t9 4b5
6位 ペトラ・クリングラー(スイス/25)2t7 4b5
―― ―― ――
7位 クロエ・コリエー(ベルギー/20)2t7 3b4
8位 スターシャ・ゲージョ(セルビア/19)2t10 4b6
9位 アルマ・ベストファーター(ドイツ/21)1t1 4b6
10位 ミカエラ・トレーシー(イギリス/25)1t1 4b12
11位 キム・ジャイン(韓国/28)1t1 3b4
12位 リリー・キースゲン(ドイツ/20)1t1 3b5
12位 尾上 彩(21)1t1 3b5
14位 サ・ソル(韓国/23)1t2 4b7
15位 ミーガン・マスカレーナス(米国/19)1t4 4b7
16位 アンナ・ストール(オーストリア/25)1t4 4b8
17位 フランツィスカ・シュテーラー(オーストリア/18)1t4 3b7
18位 モニカ・レッツィー(ドイツ/25)0t 4b4
19位 ホンイン・リー(台湾/31)0t 3b7
20位 小武 芽生(19)0t 3b8

<男子準決勝>
1位 渡部 桂太(23)4t13 4b6
2位 アレクセイ・ルブツォフ(ロシア/28)3t3 3b3
3位 石松 大晟(20)3t4 4b14
4位 楢崎 智亜(20)3t5 4b4
5位 ヤコブ・シューベルト(オーストリア/26)3t5 4b5
6位 ミカエル・マエム(フランス/26)2t2 4b4
―― ―― ――
7位 チョン・ジョンウォン(韓国/21)2t2 4b5
8位 ニコラ・プロルソン(フランス/26)2t3 3b3
9位 藤井 快(24)2t4 3b3
10位 ジェレミー・ボンダー(フランス/25)2t4 3b4
11位 杉本 怜(25)2t6 4b4
12位 マニュエル・コルヌ(フランス/23)2t7 3b4
13位 タイラー・ランドマン(イギリス/26)2t7 3b5
14位 堀 創(27)1t1 4b4
14位 アルバン・レビエ(フランス/22)1t1 4b4
16位 ガブリエーレ・モローニ(イタリア/29)1t2 4b4
17位 緒方 良行(19)1t2 4b9
18位 アレックス・ハザーノフ(イスラエル/22)1t2 3b4
19位 渡辺 海人(20)1t3 3b12
20位 ダーフィット・フィルネンブルク(ドイツ/21)1t4 3b6

リザルト詳細はコチラから

CREDITS

篠幸彦 / 写真 牧野慎吾

back to top