ボルダリングW杯が開幕。男子は藤井快が優勝、女子は野中が3位に

4月7日、8日に2017年のボルダリングワールドカップ開幕戦となるスイス・マイリンゲン大会が行われた。

男子は昨年、ワールドカップ総合優勝、世界選手権優勝と飛躍を遂げた楢崎智亜が通過ラインに1つ足らない21位で予選敗退という波乱のスタート。そんな中、もう1人のエース藤井快が予選を1位通過すると、準決勝を5位で決勝に駒を進めた。決勝は完登がなかなか生まれない厳しい展開となったが、第3課題を藤井が一撃。BJCを彷彿とさせる雄たけびをみせ、マイリンゲンの会場を大いに沸かせる。ともに決勝へ進んだ渡部桂太、杉本怜も1完登で並び、最終的にアテンプト差で藤井が優勝を決めた。渡部は3位で自身初の表彰台、第4課題を唯一完登してみせた杉本も4位入賞と日本人が上位を席巻。決勝は逃したものの、準決勝に緒方良行(9位)、楢崎明智(19位)も進出するなど、日本勢の層の厚さを見せつけた男子となった。

そして、波乱のスタートは男子だけではなかった。女子でも野口啓代が21位でまさかの予選敗退。それでも昨年ワールドカップ総合2位の野中生萌が、準決勝を唯一全4完登の1位で通過する。決勝では1完登で3人が並ぶ中、アテンプト差で3位となり、接戦を制して表彰台に登る健闘を見せた。こうした大会で、一人異次元のパフォーマンスを披露したのが昨年の女王ショウナ・コクシー(イギリス)だ。予選でただ一人全5完登を決めると、準決勝も4課題中3完登で3位。迎えた決勝では2完登すら1人にとどまる中で、全4完登と圧倒的な力を見せつけて文句なしの優勝を飾った。野中の他には小武芽生が予選5位と好位置につけたが、準決勝は14位とわずかに振るわなかった。

男女ともに表彰台に登る結果となり、日本勢としては好調な滑り出しとなったマイリンゲン大会。4月22日、23日の第2戦、中国・重慶大会では楢崎智亜、野口らが巻き返しを見せ、日本勢のさらなる躍進を期待したい。

<男子・決勝>
1位 藤井 快(24)1t1 3b6
2位 アレクセイ・ルブツォフ(28/ロシア)1t2 2b8
3位 渡部 桂太(23)1t3 2b12
4位 杉本 怜(25)1t5 3b7
5位 イェルネイ・クルーダー(26/スロベニア)― 2b3
6位 ダーフィット・フィルネンブルク(21/ドイツ)― 1b4

9位 緒方 良行(19)
19位 楢崎 明智(17)
21位 波田 悠貴(19)
21位 楢崎 智亜(20)
27位 堀 創(27)
29位 原田 海(18)
41位 藤脇 祐二(21)

<女子・決勝>
1位 ショウナ・コクシー(24/イギリス)4t10 4b8
2位 カタリーナ・ザーヴァイン(29/オーストリア)2t6 3b13
3位 野中 生萌(19)1t2 3b6
4位 スターシャ・ゲージョ(19/セルビア)1t3 3b3
5位 ペトラ・クリングラー(25/スイス)1t3 2b3
6位 ヤンヤ・ガンブレット(18/スロベニア)― 2b4

14位 小武 芽生(19)
21位 野口 啓代(27)
35位 尾上 彩(21)

文 篠幸彦 / 写真 日本山岳・スポーツクライミング協会

back to top