ボルダリングジャパンカップ準決勝終了、楢崎智亜はまさかの敗退

29日午前、東京代々木第二体育館で開催されている第12回ボルダリングジャパンカップの準決勝が行われ、決勝進出選手が確定した。
女子では野口啓代がトップ通過。昨日の予選で圧巻の登りを見せた13歳の森秋彩も2位で決勝に進出。4課題すべてを完登したのはこの2名のみ。
男子は世界王者の楢崎智亜がアテンプト数の差でまさかの敗退。「自分に弱点はないと思っていたが、まだまだ苦手な課題があることを痛感した。今回の反省を次に生かしていきたい」と悔しさをにじませた。トップ通過は弟の楢崎明智と杉本怜。決勝は14時より女子からスタートする。

決勝進出メンバー
■男子
1位 楢﨑 明智
1位 杉本 怜
3位 藤井 快
4位 波田 悠貴
5位 堀 創
6位 渡部 桂太
■女子
1位 野口 啓代
2位 森 秋彩
3位 野中 生萌
4位 伊藤 ふたば
5位 小武 芽生
6位 工藤 花

back to top